・EPA(エイコサペンタエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)はオメガ3脂肪酸の一つで、DHAと同様に体にとって必要不可欠な栄養素(必須脂肪酸)です。
EPAは体内の血液の流れをスムーズにする働きがあり、さらに中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる効果があります。
EPAは人間の体内で作り出すことができないため、食物やサプリメントなどで補う必要があります。
EPAが不足すると、血流が悪くなり体の機能が低下してしまうとともに、血圧が上昇したり,血管が詰まったりと命に関わるようなリスクが高くなってしまいます。そのようなリスクを低減させるのがEPAです。

『EPAの効果』
・動脈硬化の予防
・悪玉コレステロールを下げる
・生活習慣病の予防
・抗アレルギー
・抗炎症作用

 
EPA(エイコサペンタエン酸)